数学の有効な勉強方法

数学の有効な勉強方法

数学の有効な勉強方法とは

 

勉強が苦手という学生は少なくありません。得意科目、苦手科目もその人によってまちまちです。

 

暗記科目は特になのに、理数系は苦手という学生もいれば、

 

勉強そのものが苦手と匙を投げてしまっている場合もあります。しかしながら、勉強が苦手とまとめてしまうことは危険です。

 

勉強方法が分からずに、理解を深めて苦手分野の克服が出来ない状況にいる学生も少なくないからです。

 

数学の勉強方法は複雑そうに見えてある意味単純であるともいえます。

 

数学は基本的な数式や計算方法を使って問題を解いていく道筋があります。

 

その基本の形が少しずつ応用として活用されることによって、難しく複雑な問題として提示されている場合も少なくありません。このサクラサク中学受験勉強法の内容もわかりやすいです。

 

まずは苦手意識を取り払うために、基本の形をしっかり理解してその問題に必要な数式等を正確に使用できるようにすることです。

 

その上で応用問題を解けるようにするためには地道な反復演習が欠かせません。

 

数学の勉強方法について

 

数学が苦手という人は、勉強方法を変えてみてはどうでしょうか。

 

今の勉強方法が自分に合っていない可能性があります。

 

例えば、計算問題が嫌いという人は公式を覚えることから始めてみることもおすすめの方法の一つです。

 

公式を覚えたら、その通りに数字を当てはめていけば答えを導くことが可能になります。
数学の勉強を進める上で試験に役立つ左脳型速読術も役立ちます。

 

その為、同じような問題で数字が変わっても答えを求める事ができるようになります。

 

一度公式を身に付けることができれば、そのあとが楽になります。

 

このように自分にあった方法で勉強をすることによって、勉強が苦痛でなくなります。

 

他の人と同じ勉強方法で行わなければならない、

 

という決まりはないので勉強をするなかで自分に合う方法を見つけていきましょう。

 

数学の勉強方法でおすすめのやり方について

 

数学の勉強が出来ない、という人に多いのが「問題を読んでも解き方が分からない」という状況です。

 

このパターンの人は、数学の勉強へのやる気がどんどん下がってしまうし、

 

結果数学の点数は伸びないし、理解しないまま次の段階へ進んでいくので

 

数学の嫌悪感が募ってしまいます。

 

そこでお勧めしたいのが、「分からなかったら答えを見る」という勉強方法です。

 

ただ答えを書き写すだけではありません。

 

もしある公式が分からなくて解けなかったのなら、公式だけ赤ペンで書き写します。
暗記力を鍛えたいならジニアス記憶術のやり方があります。

 

その書き写した情報を元に、解答を一旦閉じてもう一度問題に取り組んでみるんです。

 

そうすれば、一体何が分からなくて解けなかったのか理解することが出来ます。

 

もし解答を全部読んでも全然分からなかった場合。問題の解き方を解答から学ぶことが出来ます。

 

最初に何を導き出して、どういう方針で進めるのか、

 

何の値をxと仮定するのか。解答から学べることは沢山ありますよ。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ